専門内容

ストローで飲み物が飲める理由、知ってる?

投稿日:2018年6月10日 更新日:

こんばんは~

*内容は僕が理解している内容なので、正確性は保証できませんm(_ _)mゴメン

突然ですが、飲み物を飲むとき、何か意識して飲んでいますか?
普段、特に意識していなかったら何の疑問も抱くことはないと思います。(水が飲めるのは当たり前ですからね)

僕は水の飲み方には2種類あると思います!
”コップで飲む””ストローで吸い上げる”です。

じゃあ、なぜ、そうすれば飲めるのか?

今回は流体について専門で勉強中の僕がこれまでに得た知識を使って考察していきます!

1)コップで飲むとき
この時、私達は位置エネルギー差と運動エネルギー差で飲んでいると言えます。
普段、僕らが水を飲むときは下図1のような感じですよね!
             図1.水を飲む人
これを式(1)の高校時代の力学的エネルギーの式
を用いて考えると、コップを傾けることで位置エネルギーと運動エネルギーを与えます。それによって、水の入ったコップにエネルギーを与えたことになり、そのエネルギーを使って水は高いところから流れ始め、水が飲めているという事になります。
ここで、E:エネルギー[J],m:質量[kg],g:重力加速度[m/s^2],v:速度[m/s]です。

ちなみに・・・
変態だけは位置エネルギーだけで高いところの水が飲めます!
図2みたいな人。
        図2.位置エネルギーだけを使って水を飲む人
普通、コップをこんな垂直に傾けて水を飲む人はいないと思いますが、こうすれば、最初、コップに蓋をしてそれを瞬間的に引けば水には位置エネルギーだけが与えれたことになるので、位置エネルギーだけを使って飲んでいるって、言えません?

2)ストローで飲むとき
これはストローを吸います。
すると、大気圧よりも管内の圧力が下がます。
それによって、大気圧に押された水がストローの中を上がって、口に入るという原理です。

ここで、流体について勉強した方は気づいたかもしれません。

“Hey! It’s wrong.Not correct.”

と。

そうです。管の中を通る流体について力学的エネルギー保存則を適用する場合、圧力についても考慮した式(2)の”ベルヌーイの定理”というのを用いる必要があります。
ここで、ρ:流体の密度[kg/m^3],v1:ストローに入る直前の流体の初速度[m/s],P1:ストローに入る直前の流体にかかる圧力[Pa],z1:ストローに入る直前の流体の位置[m],v2:ストロー管内の流体の初速度[m/s],P2:ストロー管内の流体にかかる圧力[Pa],z2:ストロー管内の流体の位置[m]です。

*この”ベルヌーイの定理”は流体力学の中で多分、一番重要な式です!
*でも、粘性の無い”非粘性流体”でしか使えません。

後は1)のコップで水を飲むときと同じ理由からエネルギー差で水が飲めているという話になります。

 

いかがでしたでしょうか?

この説明で納得して下さったのであれば嬉しいです!

これからもちょくちょく、専門の内容を書いていこうと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

次回予告
「未定」







-専門内容

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【院試対策】線形代数⑥(固有値と固有ベクトルを用いた行列の対角化Part2)

こんにちは~ 前回の予告通り、今回は“行列の固有値と固有ベクトルを用いた行列の対角化”の中でも変換行列に直行行列を用いるもの。それも、もとは直交行列ではないものを無理やり直交行列にしたという特殊パター …

タクトスイッチを使った圧電スピーカーの制御

こんばんは。 最近、Arduinoを使った電子工作にはまっています! 今回は”タクトスイッチを使った圧電スピーカーの制御”という事で、先日作ったその回路とプログラムをご紹介します! それでは~ シュワ …

【院試対策】線形代数②(非同次連立1次方程式)

こんにちは~ 前回の予告通り、今回は“非同次連立1次方程式”の解の求め方について記事にしていきたいと思います。 それでは~ シュワッチ!   第2回:【院試対策】線形代数②(非同次連立1次方 …

加速度センサから角度を取得する

こんばんは。 久しぶりの投稿となってしまいましたm(__)m 大学生はあと1週間で春休みという夢から覚めてしまいます・・・😢 は~~ さて、本題の前に少し近況を! 実は最近、遅かれなが …

【製作日誌】自作CNCを作る~Inkspaceの使い方~

こんばんは。 M1になり、研究室でCNCを設計することになりました。 いきなり研究室のお金を使って挑戦するのはリスキーということで自分の予算で作れる安い試作機を作ってみたいと思います。 まずは、Ink …